研究会案内 入会案内 研究会ニュース 出版物 関連情報



医療廃棄物研究会


     第12回医療廃棄物研修会が平成17年2月16日に東京慈恵医科大学大学1号館5階講堂において開催されました。午前は、「医療廃棄物の行政・自治体の対応」について、環境省及び東京都の担当者にお話していただき、午後からは「医療廃棄物の適正処理を考える」として4人の先生方にお話していただきました。当日は、悪天候の中、45名の方に参加していただき、質疑も活発に行われ、充実した研修会となりました。

【午前の部 「医療廃棄物の行政・自治体の対応」】
 
10:00−11:00
感染性廃棄物処理マニュアルの改正について
  環境省 適正処理・不法投棄対策室 宮野尾 修三
11:00−12:00
医療廃棄物に関する東京都の対応について
  東京都 産業廃棄物技術担当課長 林田耕作
12:00−13:00
昼食
【午後の部 「医療廃棄物の適正処理を考える」 】
 
13:00−14:00
排出事業者の責務とその対応について
  東京都医師会 副会長 鈴木聰男
14:00−15:00
医療廃棄物と不法投棄、その防止対策について
  千葉県 環境部産業廃棄物課 石渡正佳
15:00−16:00
感染性廃棄物の新処理技術を中心にして
  浜松医科大学 教授 松島肇
16:00−17:00
最新の小型焼却炉の紹介
  岡山大学大学院COE特任教員 安田憲二
17:00
終了 (研修会終了後、修了証をお渡しいたします)
 
<< HOME   << BACK

copyright